暮らしに関するブログ

スピリチュアルに多文化

日本へのインバウンド旅行客が増え、観光客でどこも満員になってしまって観光や食事が楽しめない、といった苦情がネットなどに散見されるこの頃。先日は京都の有名神社で外国人観光客の不適切な行動を止めないガイドの動画があげられました。さらにはその動画を撮った日本女性を逆に差別主義者と批判する人も現れる始末。同様な日本の神社への不敬行為なども近年増えてきて、外国人は日本に来るな、といった感情的かつ差別的な発言も増える一方に感じます。このような世論には政治的問題その他も多く絡まり、このブログだけで結論をつけることはとてもできません。今回は私自身の経験からの意見を述べたいと思います。

断捨離と魔女術

講座の後のお茶会や、気軽な仲間同士の会話でよく出てくる愚痴のナンバーワンは、家の中が片付かない、です。年代によっては「そろそろ終活を考えてものを減らさなきゃ」といった話題にシフトすることも少なくありません。確かに、整理整頓は狭い日本の住宅では永遠の課題でしょう。そこに引っ掛けたお片付けプラス開運法として一斉を風靡したのが断捨離ですし、今では普通の言葉としても根付いています。今回は魔女的な視点から、断捨離的行動について語っていきます。

社会問題と魔術

アメリカではドナルド・トランプ氏が前大統領に選出された時期から、一時は改善に向かっているかに見えた女性差別、人種差別への強力な揺り戻しが始まりました。どうやら最近は日本にもその波が到達しているような動きが強く感じられます。魔術と政治は関係ない、という意見もありますが、ちょっと立ち止まって考えるべきかな、と思っています。

自然に囲まれた生活

都市の喧騒から離れて、豊かな自然に囲まれて暮らす。自分が種子から育てたハーブで入れたお茶をゆったりと楽しむ。朝は窓から差し込む朝日と、可愛らしい鳥の囀り声で目覚める。こうした文言は、いっとき、女性週刊誌やログハウスの広告などでたくさん見かけたものです。そういえば、今では聞かなくなった「ロハスな生活」といったコピーもありましたね。さて、本当に自然が多い暮らしはそんなに良いことづくめなのでしょうか?